Movie☆Diary

こまの映画記録。オススメ映画、今日見た映画、こまの言葉で感想を綴っています(*^-^*)

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

チェンジリング

解説: 『硫黄島からの手紙』などストーリーテリングには定評のあるクリント・イーストウッド監督による感動作。息子が行方不明になり、その5か月後に見知らぬ少年を警察に押し付けられた母親の真実の物語を静かなタッチでつづる。実生活でも母親であるアンジェリーナ・ジョリーが、エレガントだが強さを内に秘めた母親を熱演。1920年代当時、堕落したロサンゼルス警察が保身のために行った数々の非道な行動が、実際にあったという事実にがく然とする。(シネマトゥデイ)
あらすじ: 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日、彼女は同僚に泣きつかれて断り切れずに休日を返上して仕事へと向かう。暗くなって彼女が帰宅すると、家で一人で留守番をしているはずの息子の姿はどこにもなかった。(シネマトゥデイ)

(by Yahoo!映画)

「これは、真実の話です。」
から始まったストーリー。
それを承知で観ましたが、あまりにも残酷で・・・
こんな時代があったんだと思うと、恐ろしくなりました。

ちなみに、題名の「チェンジリング」とは・・・
「取り換えられた子供」の意、そして背景に「さらった子供の代わりに妖精が置いていく醜い子供」という伝説が宿る言葉だそうです。(オフィシャルHPより。)
change2

アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたアンジェリーナ・ジョリーの演技でしたが、
最高でした。
当時の洋服や、メイクも、とても似合っていたと思います。
そして、子どもを必死に探し、闘う姿は、アンジェリーナのイメージにぴったりでした。
change
観ていて、事実なだけにとても辛いシーンもありましたが、
最後には希望が見える作品でした。

(以下ネタバレ注意です☆)
チェンジリング [DVD]


このブログを気に入ってくれた方応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ

オリジナル・サウンドトラック Changeling

change5
この時代のロス警察は、本当にこんなにひどかったんですかね。
自分たちの功績だけをアピールし、
市民を守るふりをして、自分たちだけを守ってるひどい集団でした。

ふと、「シカゴ」を思い出しました。
たしか「シカゴ」も同年代で、リチャード・ギア演じる弁護士が、うまくマスコミを操ってましたね。
この時代は、新聞・マスコミがすべてだったんですね。
マルコヴィッチ演じる神父さん(とてもいい神父さん!!!)が言っていた台詞、
「この新聞はよく読めば裏が分かるが、半分は騙されるだろう。」
情報に踊らされる世の中という意味では、今と変わりがないのかも・・・。

そして女性差別もひどかったです。
「女性は理性がきかない、感情的な生き物。 だから客観的な判断が必要だ。」と、
アンジー演じるクリスティンが精神病院に監禁されるシーンは、あまりにも残酷でした。

でも、そこで諦めなかったクリスティンが、最高に素敵なんです!!!
警察にケンカを売るのではなく、
誰かを責めるのではなく、
ただただ「息子を取り戻したい。」その一心で闘い続けるんです。
すばらしい勇気です。
これは、一人の女性の、すばらしい勇気のストーリーでした。
change7

あのとき仕事を断って、息子と一緒に映画を観に行っていれば・・・
自分がクリスティンの気持ちになって、映画に入り込んでしまいました。
犯人が子供たちを殺すシーン、
犯人が絞首台に上がるシーン、
精神病院での電気ショック治療のシーン、
警察の心ない会話のやりとり、
クリスティンが死刑執行前日に犯人に迫るシーン、
従兄の犯行に付き合わざるをえなかった子どもの懺悔のシーン・・・
胸が痛むシーンがたくさんあり、胸がしめつけられる思いでした。

なんとか逃げ出した3人の子供の中の一人が見つかり、
その彼がクリスティンの息子の話をしたとき、
そして、「どうして今になって戻ってきたのか?」という警官の問いに、
「ママや、パパに会いたかった。家に帰りたかったんだ。」
と言ったシーンは、涙が止まりませんでした。

change7
・・・とたくさん書いてしまいましたが(^^;)
クリスティンの最後の笑顔、
「希望が見えたわ。」
この笑顔が最高にかっこよかったです。
これを観て、ますますアンジーが好きになりました☆
チェンジリング [DVD]


このブログを気に入ってくれた方応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ

オリジナル・サウンドトラック Changeling

.net/ranking/images/ranking-banner/ranking-small-white.gif" style="border:none;">


ブログパーツ
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

タグ:ヒューマンドラマ アンジェリーナ・ジョリー クリント・イーストウッド

  1. 2009/03/09(月) 14:38|
  2. ヒューマンドラマ
  3. | cm:8
  4. | tb:5

comment

no subject

こんばんは^^
ストーリー・演技・映像とどれをとっても非の打ち所のない作品でした。
私は通常映像作品の70%は脚本で決まると思っているのですが、今回ばかりはアンジーの演技に魅せられました!
これほどまでに力強く人を魅了する演技にあったのは久しぶりです。
正直、今まで美人なだけだと思っていたのですが、すっかりファンになってしまいました。(笑)
  1. 2009/02/25(水) 20:34 |
  2. url |
  3. KLY
  4. [編集]

no subject

こんばんは!ホーギーです。

いつもご丁寧なコメント&TBを頂き、どうもありがとうございます。

真実のストーリーをこれほどまでに忠実に感動的に再現する
イーストウッドはさすがですよね。巨匠にふさわしいですよね。

そして、何と言ってもアンジーの演技が最高でした。
こまさん仰るとおり、誰かを責めるのではなく、
息子を取り戻したいその一心で闘い続ける
その姿には心を打たれました。

アンジーは、これからは子育てに専念して女優業を減らすとの
コメントを以前からしていますが、ファンとしては、残念ですよね。

では、応援クリック!
  1. 2009/02/25(水) 22:16 |
  2. url |
  3. ホーギー
  4. [編集]

こんにちは♪

こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました☆

実に見応えのある作品でした。
さすがにイーストウッドですね。
子供への深い愛故の勇気ある行動にはとても感動。
子供が行方不明と言うだけで、おそらく眠れない日を過ごしているはずなのに。
母って、強いですよね・・・・
アンジーの演技も素晴らしかったです。
  1. 2009/02/26(木) 08:48 |
  2. url |
  3. non
  4. [編集]

コメントありがとうございます☆

>KLYさん
 同じく・・・w
 私も、この作品でアンジーのファンになってしまいました(^^)
 素敵でしたね☆

>ホーギーさん
 いつもお世話になっております(*- -)(*_ _)
 ホーギーさんおっしゃるとおり、イーストウッドの力、おそるべしですね・・・。
 応援クリックありがとうございます!
 がんばるぞ~!

>nonさん
 母は強しですね。
 母に映画薦めてみましたw
 イーストウッドのすばらしさを、改めて感じましたよ。
  1. 2009/02/26(木) 15:28 |
  2. url |
  3. こま
  4. [編集]

こんばんは★

TBありがとうございました☆

イーストウッド×アンジーに初めは不安があったんですが、そんなことを忘れるぐらい映画に集中して見いってしまいました。
ラストの希望を仄めかすあたりがいい感じの占めでしたよね♪
  1. 2009/03/06(金) 01:54 |
  2. url |
  3. dai
  4. [編集]

コメントありがとうございます☆

daiさんこんにちは!

そうですね、最後の希望の光が救いでした☆
いい映画でしたね~><
  1. 2009/03/06(金) 12:09 |
  2. url |
  3. こま
  4. [編集]

no subject

こんにちは!
良い映画でしたね~。
さすがイーストウッドですね、裏切りません!
期待通りの素晴らしい音楽に、アンジーの熱演、見事でしたね。
  1. 2009/03/08(日) 11:58 |
  2. url |
  3. izumi
  4. [編集]

コメントありがとうございます☆

izumiさんこんにちは!
コメントありがとうございます!
本当に良い映画でしたよね~(><)
izumiさんのおっしゃるとおり、
イーストウッドさんは期待を裏切らないですねw
すばらしい!
  1. 2009/03/09(月) 13:23 |
  2. url |
  3. こま
  4. [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

チェンジリング

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』と並ぶ新春大型作品です。主演はアンジェリーナ・ジョリー、そして監督はあのクリント・イーストウッド。1920年代アメリカの実話を元にした作品です。アンジェリーナ・ジョリーは本作で第81回アカデミー賞主演女優賞にノミネー...
  1. 2009/02/25(水) 19:48 |
  2. LOVE Cinemas 調布

『チェンジリング』

監督:クリント・イーストウッド  CAST:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ 他 1928年、ロサンゼルスの郊外に...
  1. 2009/02/25(水) 20:22 |
  2. Sweet*Days**

チェンジリング

本作品のキーワード : 『我が子こそ、我が命』  【公   開】 2009年 【時   間】 142分 【製 作 国】 アメリカ 【監  ...
  1. 2009/02/25(水) 22:09 |
  2. <映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅

チェンジリング★★★★★

「アンジェリーナ・ジョリー」の迫真の演技を見るだけでも 価値ありの1本です。 オリジナル・サウンドトラック Changeling(2009/02/04)クリント・...
  1. 2009/02/26(木) 16:43 |
  2. 好きな映画をさがして!

チェンジリング

1928年。ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズの息子ウォルターが、姿を消す。5ヶ月後にイリノイ州で発見され、警察が連れてきた少年は別人だった。
  1. 2009/03/08(日) 11:56 |
  2. ただの映画好き日記

ご訪問ありがとうございます☆

カテゴリー&記事検索

<< 全タイトルを表示 >>

最近記事&コメント

ありがとうございます☆

最新トラックバック(ありがとうございます

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

こまへのメッセージはこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/03│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

こまの映画記録

プロフィール

こま

Author:こま
映画好きです。
映画がないと生きていけないです!!!
チャップリンが好き☆

映画は感じるものだと思ってます♪
よろしくお願いします☆

お気に入りブログ(Blogpeople)

こまのおすすめブログです☆

お世話になってます。

クリック募金☆

ブログ始めるなら↓

RSSリンクの表示

携帯からもどうぞ!

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。