Movie☆Diary

こまの映画記録。オススメ映画、今日見た映画、こまの言葉で感想を綴っています(*^-^*)

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

ゴッドファーザーPART?

解説:亡き父のあとを継ぎドンとなったマイケルの苦悩と復讐を、父ビトーの少年時代からやがて一大ファミリーを築くまでのエピソードを交えて描いた、名作「ゴッドファーザー」の第2作。幼いビトーが青年となり、やがてファミリーを築くまでの物語と、父のあとを継ぎドンとなったマイケルの、父がそうであった頃と全く変わってしまった時代の中でのドンとしての苦悩と復讐の物語を、巧みに交差しながら展開していく。(allcinema ONLINE)

(by Yahoo!映画)

~ネタバレありです~

200分の長編大作。
今日は1日”ゴッドファーザーデー”でした。
gf2

ドンの椅子に座るマイケル。
前作から5年後。ドン・マイケル・コルレオーネは、根拠地をニューヨークから、
西部のネバダ州に移します。(ラスベガスの近くだったため。)
新しくドンになったマイケルの手に、ファミリーがキスをするシーンから始まります・・・。


そしてすぐに、父、ビト・コルレオーネの若き日への場面に移り変わります。
マフィアのドン・チッチオに父親と兄、そして目の前で母親が殺された、当時まだ9歳のビト。
ビトは天涯孤独になり、命からがらにアメリカに逃げ込みます。
他の移民たちと一緒に、船から自由の女神を見るシーンも印象的でした。
gf1

アメリカに渡ったビトは、結婚し、長男(ソニー)が生まれます。
そして、あの、クレメンザ、テシオなどと出会います。
gf3
そして、街がキリスト教の祭りでにぎわう中、
当時イタリア移民の街を牛耳っていたファヌッチを、拳銃で仕留めます。
タオルに巻かれた拳銃での一発。
ここから、ドン・コルレオーネ・ファミリーが始まりました・・・。

若きビトを演じるロバート・デ・ニーロは、この作品で助演男優賞を獲得します。
わざと声をつぶし、前作のマーロン・ブランドのようなしゃがれ声を作ったことも有名です。
当時(1910年代)の街並みの再現も見事でした。

父の時代とは全く変わってしまいった時代の中で苦労するマイケルと、
何もないところから始まったビトとの交差したストーリー展開が、
見ていてとても見ごたえがあります。
gf4

しかし、彼はマイアミの”ロス”という大物との取り引きに入り、
昔からのファミリー仲間の裏切りにあったり、
何より、信用していた実の兄からの裏切りに合い、
誰がファミリーで、誰が敵か分からなくなってきます。
常に頭にあるのは、「パパだったらどうしていたか・・・

ドン・マイケルが母親に問いかけるシーンは印象的でした。

パパは強かった。ファミリーを守るために。

 だが、強さがかえってファミリーを失わすことは?


「家族を失うことはないよ。」との母の言葉に、

時代がちがう。

と答えるドン・マイケルの姿は、とても孤独で、悲しげに見えます。

gf5
あのダイアン・キートン演じる”ケイ”とも破局を迎えてしまいます・・・。
マイケルは、ファミリーを守る=ビジネス
そのため、冷酷な場面もたくさん見えました。
でも、そうでないと、父から受け継いだファミリーを守っていけなかったんですね。


さて、若きビトは、だんだんドンとしての頭角を現し、
イタリアに里帰りします。
そして、ついに、復習を果たします・・・。
背筋がそわ~っとする瞬間です。
gf6

ラストはもっと衝撃です。
このパート2では、前回より、兄のフレドの出番が増えています。
いつも女に振り回され、兄弟の中でも1番”弱い”フレド。
マイケルを1度裏切り、縁を切られてしまいます。
母の死に1度和解したかのように見せかけ・・・

とても悲しい最期を迎えます・・・。ボートハウスからそれを見つめるマイケル。


そして、そこから、いきなりソニーが現れます!
そう、昔の回想シーンです。
この作品の1番のキーポイントにもなる、この回想シーン。
これがあるのと無いのとでは、この作品は大きく違ってしまうと思います。

皮肉にも、マイケルが海軍に入ると兄弟に告げたとき、
1番に「おめでとう」と手を差し伸べてくれたのが、兄、フレドだったんですね。
マイケル以外のみんなは外に出て、父、ビトの誕生祝いを盛大に行います。
マイケルは一人、部屋に残ります。

そこでまた、デ・ニーロの登場。
電車に乗って、マイケルを抱きながら手を振り、故郷からアメリカへ戻るビト。

湖畔で一人、少し白髪が混じり始めた髪で何かを考え込むマイケル。

このラストが、たまりません。

gf7

パート1で、ドン・ビト・コルレオーネは、息子マイケルにこう言っていました。

「私は裏社会でやってきた。
 だが、お前の時代は、表に出るんだ。
 やがて、コルレオーネ上院議員、コルレオーネ首相・・・」
 
「心配ないよ。」
そう答えたマイケル。

コルレオーネ家は、首相は出さなかったものの、マイケルが言ったとおり、
アメリカ一のマフィアになりました。
父との誓いを一身に受け継いだ、ドン・マイケルの孤独な闘いの姿が、
ビトの若き日と同時に描くことで、より孤独感、悲壮感が伝わってきました。
gf8

言わずと知れた名作。

何度も言いますが、やっぱりゴッドファーザー最高!!!


さて、次はラスト、パート?を借りにいきますw

☆「ゴッドファーザーPART?」は→こちら
☆「ゴッドファーザーPART?」は→こちら
ゴッドファーザー PartII <デジタル・リストア版> [DVD]

ゴッドファーザー コッポラ・リストレーション DVD BOX


このブログを気に入ってくれた方応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ

スポンサーサイト

テーマ:お気に入り映画 - ジャンル:映画

タグ:アカデミー アクション アル・パチーノ ロバート・デ・ニーロ ゴッドファーザー

  1. 2009/03/21(土) 15:52|
  2. アクション
  3. | cm:1
  4. | tb:0

comment

すごいね!

よくここまで「ゴッドファーザー2」が語れるなー!200分なのに。よく観てるよ!すごいわ(*_*)当たり前だけどロバート・デ・ニーロがいいよな。それに続編は上手くいかないっていう映画のジンクスをぶちやぶってる。内容は2が好き(現在のアル・パチーノと過去のマーロン・ブランドの話しが交錯するのが絶妙)なんだけど映像好きなのは1なんよな~(*_*)どちらも好きなんだけどコマさんは改めて観てどっちが好きかな?
  1. 2009/03/21(土) 21:50 |
  2. url |
  3. お☆じ
  4. [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ご訪問ありがとうございます☆

カテゴリー&記事検索

<< 全タイトルを表示 >>

最近記事&コメント

ありがとうございます☆

最新トラックバック(ありがとうございます

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

こまへのメッセージはこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/03│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

こまの映画記録

プロフィール

こま

Author:こま
映画好きです。
映画がないと生きていけないです!!!
チャップリンが好き☆

映画は感じるものだと思ってます♪
よろしくお願いします☆

お気に入りブログ(Blogpeople)

こまのおすすめブログです☆

お世話になってます。

クリック募金☆

ブログ始めるなら↓

RSSリンクの表示

携帯からもどうぞ!

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。