Movie☆Diary

こまの映画記録。オススメ映画、今日見た映画、こまの言葉で感想を綴っています(*^-^*)

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

ゴッドファーザーPART3

解説:コルレオーネ・ファミリーを描いた壮大なドラマの最終章。ファミリーのドンとなったマイケルは、バチカンの加護を得て一切の犯罪から手を引くことを宣言した。だが後継者に甥のビンセントを立てたことから内部抗争に火がついてしまう。自身も病に蝕まれるマイケルは何とか事態の収拾を図ろうとするのだが……。

(by Yahoo!映画)

~ネタバレありです~

gf11
↑マイケル・・・すっかりドンの姿ですが、今回ではすでに、衰退に向かっていました。
パート1やパート2で見られる冷酷さが、すでに消えていたように見えます。

犯罪から手を引き、娘メアリー(ソフィア・コッポラ)の名で多くの資金を投資したりと、
表面で大きくなったコルレオーネ家。
パーティーに現れたのは、かつて惨殺されたソニーの愛人との子、
”ビンセント”(アンディ・ガルシア)でした。
gf12

血の気が多いところが、父親そっくりのビンセント。
アンディ・ガルシアがとてもいい演技をしていました。
最初は、ソニーのコピーのようでしたが、
だんだんと、”マイケル化”していくのが、観ていてよく分かりました。

そして、このパート3では、ドン・マイケルの一言一言が、
すべて名言に聞こえました。
かつての”ドン・ビト・コルレオーネ”がそうしたように、
彼もビンセントに、ビジネスの大切なことを教えていきます。


マイケルが糖尿病の発作を起こしたとき、
「フレド!フレド!」と、兄の名を叫んでいたシーンは、胸が締め付けられました。
パート2の、あの衝撃のラストが蘇りました。
gf14

マイケルが神父に懺悔するシーンも切なかったです。
糖尿のせいで低血糖になり、
「何か・・・ジュースでもキャンディでも甘いものを!」
と倒れこむマイケル。
一気にジュースを飲み込むマイケルの姿。
そして、次々に自分の犯した罪を懺悔していく姿。

マイケルがファミリーの仕事に手をつけたのは、
大切な父を守るためでした。
ファミリーを守るため、それを一心に仕事をしてきたマイケルでしたが、
気がついたら、血のつながった兄も、愛する妻も、子どもも、無くしてしまった・・・。
懺悔する姿は、かつてのマフィアのドンの姿には見えませんでした。

gf13
そしてパート3では、監督の娘、ソフィア・コッポラが、マイケルの娘役として本格デビューしています。
当初ウィノナ・ライダーが演じる予定だったらしく、一部の映画ファンや評論家からブーイングが起こったそうです。
でも、”イタリア”娘という感じで、とてもいい味出してました。
(とても妖艶でしたね・・・。)

gf9
マイケルの息子、アンソニーがオペラ歌手としてデビューします。
そのデビュー公演を観に、思い出のシチリアを訪ねるマイケル。
息子が父へ送った歌は、あの”愛のテーマ”でした。
かつて愛し、結婚をした美しいイタリア娘を思い出し、目頭を押さえるマイケルの姿が印象的でした。

そして、オペラ劇場で迎えるクライマックス・・・。
アンソニーのすばらしい歌声で演じられるオペラの裏で、
黒い影が動き、惨殺劇が広げられます・・・。
かつてのデ・ニーロ演じた”ビト”が最初の犯罪を犯したシーンや、
マイケルが5大ファミリーを殺したシーンと重なります。

結局、マイケルはこれまでにしてきた数多くの行いの罪から、
逃れることはできなかったってことだと思います。
娘の死は、何よりの彼への罰でしょう。
何よりも、自分が死ぬことよりも辛いことです。

ラストは涙が出ました。
娘、メアリーと踊るマイケル・・・

シチリアの結婚式でのマイケル・・・

ケイと踊るマイケル・・・

そして、白髪で老いぼれ、一人孤独に死んでいくマイケル・・・。

このラストはしびれました。

やっぱり、何度観てもこの感動を与えてくれるゴッドファーザーは、
不朽の名作ですね!!!


~一口メモ~

★フランシス・フォード・コッポラは当時、撮影に至るまで、『ゴッドファーザー』は『Part I』、『Part II』で完結すべき作品と考えており、第三作はあくまで、「マイケル・コルレオーネの死」という題(もしくは副題)で語られるべき外伝的な位置づけだった、と後年に語っている。(by Wikipedia)

★1980年代に世界を揺るがす大スキャンダルとなったロベルト・カルヴィ暗殺事件と、それに関連して起きたと噂されているヨハネ・パウロ1世の急死、マフィアとイタリア政界、ヴァチカンの関係を筋のモチーフに用いた作品となった。(by Wikipedia)

・・・ちなみに、私の大好きな「クリミナル・マインド」のロッシ(ジョー・マンテーニャ)が出てましたw
結構大事な役でした。さすがロッシ。
・・・あと、『ユー・ガット・メール』で、メグ・ライアンが、「男ってみんなゴッドファーザーが好きなのね!」と言っていたシーンも思い出しました。
いろんな作品に影響を与えているゴッドファーザー。さすが!!!

☆「ゴッドファーザー」は→こちら
☆「ゴッドファーザーパート2」は→こちら

ゴッドファーザー PartIII <デジタル・リマスター版> [DVD]

ゴッドファーザー コッポラ・リストレーション DVD BOX


スポンサーサイト

テーマ:お気に入り映画 - ジャンル:映画

  1. 2009/03/23(月) 16:39|
  2. アクション
  3. | cm:0
  4. | tb:0

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ご訪問ありがとうございます☆

カテゴリー&記事検索

<< 全タイトルを表示 >>

最近記事&コメント

ありがとうございます☆

最新トラックバック(ありがとうございます

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

こまへのメッセージはこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/03│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

こまの映画記録

プロフィール

こま

Author:こま
映画好きです。
映画がないと生きていけないです!!!
チャップリンが好き☆

映画は感じるものだと思ってます♪
よろしくお願いします☆

お気に入りブログ(Blogpeople)

こまのおすすめブログです☆

お世話になってます。

クリック募金☆

ブログ始めるなら↓

RSSリンクの表示

携帯からもどうぞ!

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。