Movie☆Diary

こまの映画記録。オススメ映画、今日見た映画、こまの言葉で感想を綴っています(*^-^*)

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

善き人のためのソナタ

解説: ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージの実態を暴き、彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした話題作。監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクが歴史学者や目撃者への取材を経て作品を完成。アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表作品としても注目を集めている。恐るべき真実を見つめた歴史ドラマとして、珠玉のヒューマンストーリーとして楽しめる。(シネマトゥデイ)
あらすじ: シュタージ(国家保安省)の局員ヴィースラー(ウルリッヒ・ミューエ)は、劇作家のドライマン(セバスチャン・コッホ)と恋人で舞台女優のクリスタ(マルティナ・ゲデック)が反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。ヴィースラーは盗聴器を通して彼らの監視を始めるが、自由な思想を持つ彼らに次第に魅せられ……。(シネマトゥデイ)

(by Yahoo!映画)

この映画、2006年の、アカデミー外国語映画賞撮ってるんですね!
これまで、ドイツの映画と言ったら、"ヒトラー”って感じでしたが、
東ドイツの様子を描いた映画は初めて観たので(記憶の中では)、
なんだか、新たな発見でした。

yokihito1
主人公のヴィースラーが、とても良かったですね・・・。
ソナタを聴きながら涙するシーンは、
心にぐっとくるものがありました。

yokihito2
”CMG”を演じたこの女優さん、とってもきれいでした・・・。

ちょうどこのDVDを観る前に、戸田奈津子さんの本を読んでいました。
そこで、戸田さんは、
「映画、特にドラマは、事前にあらすじなどを知らない方がおもしろい。」
というようなことを書かれていました。
これを観るとき、前知識まったく無しで観たので、
ラストまで引き込まれてしました。

ただの、感動映画、政治映画ではないですね。
いろいろ考えさせられます。
人間って、捨てたもんじゃないよって。

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD]


ちなみに、私の読んだ本はこれ↓
字幕の花園



このブログを気に入ってくれた方応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ

ブログパーツ
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

タグ:シリアスドラマ アカデミー 善き人のためのソナタ

  1. 2009/06/03(水) 17:26|
  2. シリアスドラマ
  3. | cm:0
  4. | tb:0

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ご訪問ありがとうございます☆

カテゴリー&記事検索

<< 全タイトルを表示 >>

最近記事&コメント

ありがとうございます☆

最新トラックバック(ありがとうございます

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

こまへのメッセージはこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/03│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

こまの映画記録

プロフィール

こま

Author:こま
映画好きです。
映画がないと生きていけないです!!!
チャップリンが好き☆

映画は感じるものだと思ってます♪
よろしくお願いします☆

お気に入りブログ(Blogpeople)

こまのおすすめブログです☆

お世話になってます。

クリック募金☆

ブログ始めるなら↓

RSSリンクの表示

携帯からもどうぞ!

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。